なぜわきが治療が必要になるの

わきがは自分では気が付きにくいといわれますが、自分では気が付かなくても、周囲は困っている・・・なんてこともよくあります。

しかもたかがわきがと侮るなかれ、中には治療が必要になってくるほどの、ちょっと困ったわきがもあるのです。

ではなぜわきが治療が必要になるほどのわきがになってしまうのでしょう。

そんなわきがの原因はわきの下に多くある、アポクリン線・・・これがわきがの原因だといわれています。

でもアポクリン線が直接わきがを作っているのではありません。

アポクリン線に増殖してしまった菌が、わきがの原因になっているのです。

またわきがはよく親から子へうつるなんていいますが、直接うつるわけじゃなくて、体質的に似るということなんですね。

ともあれわきが治療が必要になるほどわきががひどくなったら、早め早めのわきが治療で、きっちりにおい対策をとるようにしましょう。